1910's〜1920's Leather Work Boots
1910's〜1920's Leather Work Boots
1910's〜1920's Leather Work Boots
1910's〜1920's Leather Work Boots
1910's〜1920's Leather Work Boots
1910's〜1920's Leather Work Boots
1910's〜1920's Leather Work Boots
1910's〜1920's Leather Work Boots
1910's〜1920's Leather Work Boots
1910's〜1920's Leather Work Boots

HIGH PRICE

1910's〜1920's Leather Work Boots

アウトソール28.2 横幅10

0円(税込0円)

SOLD OUT
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

1910〜1920年代 Leather Work Boots

見た目は同年代のドレスシューズと変わりありませんが、肉厚な革が使われたワークブーツです。

この年代は、革の種類でドレスとワークを区別していたようで、上品なカンガルーレザーが使われていればドレスシューズという事になるかと思います。

もちろん、様々なメーカーがあり、一概には言えない点もありますが、こちらはワークブーツで間違いありません。

革の知識が豊富な方にも、聞いてみましたがハッキリとした回答はいただいておりません。

個人的には、ホースハイドだと思っておりますが、参考程度で確実なものではないとお考え下さい。

1930年代の革とは、なめし方や染料の違いもありますし、同じ革でも仕上がりは異なってくると思います。


細かなステッチワークが美しく、つま先のメダリオンも面白いデザインです。

インソールに【H & L WHITE OAK REGISTERD】、ソールには【IRISH TANNED】と刻まれています。

総レザーライニングで、この点も白コットンが使われた同年代のドレスシューズとは違う点ですね。


左足外側かかと辺りにペンキのような汚れがあり、ベロ部分のステッチが片側外れているところがあります。

インサイドタグが外されている点が残念ですが、この年代のブーツにしてはとても良いコンディションです。


オールデン7、パラブーツ6、コンバースオールスター7を履いている自分でジャストサイズでした。

日本サイズ25cmの方に良いサイズだと思います。

ご試着での発送も行いますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

Mail : cockycrewstore@gmail.com     Tel : 06-6251-0248